紫の中谷塾生徒然日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Kung Fu Panda (カンフーパンダ)。

Kung Fu Panda

かーなり久しぶりの映画はKung Fu Panda

日本では7月半ばに公開予定。

声優陣が豪華でびっくり。

パンダが、最後までかっこいいヒーローキャラにならないで、ぐだぐだなままだったところがよい!!(個人的に)

スローな場面や、一瞬とまるところなんかが凝っていて映画のクオリティーはすごいらしい(映画マニアの彼曰く)

最近笑ってないなー、なんて思う人はぜひ。

英語が早い気もしたけど、字幕があれば問題なし!!だと思います。

スポンサーサイト

PageTop

Whole Foods Market Open。

Whole Foods Market

とうとうリノにもWhole Foods Market(アメリカで有名なオーガニック・ナチュラルフードの大型スーパー)がオープン!!

ネバダ州の南部(ラスベガスがあるところの辺り)には前から何店舗かあったけれど北部にはなくて!!

この辺りだとTrader Joe's か、Wild Oat's(今回Whole Whods Marketに吸収合併された)がオーガニック・ナチュラルフードのお店しかなかったのに。

この2つ(今は1つ)はそんなに大きな規模ではなくて、けっこう使い勝手がよくて好き。

Whole Foods Marketは広すぎて、女の人は楽しめるだろうけど、男の人はよっぽど好きか、忍耐力がないと大変だろうと思う。(男性→目的のものを買ったら終わり  女性→目的のもの以外のところもふらふら見て回る  という買い物の仕方の違いのため)


目があまり見えないのに人の多いところを歩き回るのはしんどかったので、スキンケアのところをみたけど、オーガニックスキンケアブランドが予想していたよりもたくさんおいてあって驚いてしまった。

Jucie Beauty, Aubrey, John Masters, Annemarie Borlind,その他知らないブランドに、なんとDr. Hausuka(スキンケアの品揃えが一番多かった)まで!!

オーガニックコスメはほとんどなかったけど(リップ、パウダー、シャドーなどなど)スキンケアの品揃えはすごい。

オーガニックのスキンケア製品(ボディー用品含む)を使う人はうはうは!!

今日はJohn Master'sのウルトラーダメージ用のシャンプー&トリートメント(3日目から効果が現れるくらい、オーガニック製品にしては効果が早く出るので重宝)と、Dr, Haushukaのクレンジングクリーム。

高かった...単品が高い...日本に比べれば半額くらいだけど...。

ところで、ベアミネラルのミネラルファンではこのクレンジングクリームで落としきれるのだろうか、というのが心配なんですけど...。誰かわかる人、おしえてくださ~い!!

PageTop

表情とリスニング。

Facial Expressions
コンタクトのストックがなくなったので再注文したのが2週間前。

何かの不備のせいで届かず再注文。

あと一週間くらいは度も形も(顔に)あっていない眼鏡で過ごすことになる。

眼鏡をかけると見た目が相当よくない(顔の形にあってなくて眼鏡が傾いている状態)ので裸眼ですごすことが多い。(視力が1.0以下なのでぼやける&歩くときは見えないのでふらふら歩く)


そんな生活をしていて気づいたのが、人と話すとき、顔がぼやける(表情がわからない)と相手のいっていることも聞き取りにくいと感じることが多いということ。

ついでに、相手の動作もわからない。(それくらい視力が悪い)

非言語の果たす役割が大きいのは知っていたけれど、いやはや、驚き。

だから、声のトーンやピッチでしかわからない電話は特に難しいんだろうな。


心理学やコミュニケーション学で有名な6つの主な表情は嬉しさ、悲しさ、驚き、恐怖、嫌悪。(画像参照)

先学期の心理学のクラス(Perception=知覚)の授業で使ったウェブサイトを発見。(こちら

目の大きさや口角の上げ下げなどなどで表情を変えて、それによって相手がどう感じるかを説明していた...と思う。

顔の一部をひとついじるだけで印象がぐっと変わるので不思議で面白かったのだけは覚えている。

学期中はテストや課題をこなすために勉強していることが多いけれど(故に嫌々感じる)、こうして終わってみて余裕ができるともっと勉強したくなる。

学期中にどれだけ余裕なくすごしているんだかね。

PageTop

留学生。

World Map

「留学」と聞いて(またはその文字を見て)どんなことを連想するだろうか。

私の中では、海外の学校で勉強する、というのが留学だと思っていた。

しかし、財団法人福岡県国際交流センターによると、

本来留学というのはあくまでも学問が主体のものでしたが、近頃では留学といってもさまざまな形態のものがあります。たとえば、短期間の語学留学、1週間程度のホームステイに語学レッスンやインターンシップがついたもの、様々な趣味の講座に参加できるもの、時々ワーキングホリデイが留学の中に入っていたりします。 また、学習する機関が語学学校であったり、中学校、高校、大学や大学院であったりもします。 (HPより抜粋)

とあって、面白いな、と思った。


私の場合は、学問がプライオリティーなので、留学生活も学校生活や勉強中心に回っている。

自分も含め、周りの多くの日本人留学生の悩み事や話題の多くは、語学力のこと、学校のこと(テストや宿題など)、そして、卒業が近づけば就職のこと...というのが大半。

たまにプライベートな、ちょっとおいおい、といいたくなるような話題もあるけど。


留学生のほとんどは勉強に追われて(専攻じたいが大変な場合と、一学期にとる単位が多い場合が多い←早く単位を取ってしまって早く卒業して日本に帰るため)ゆっくり回りを見回す暇がないまま卒業していく人が多い気がする。

それなりに友達もできて、それなりにそれぞれ付き合ったりしたりもするのだろうけど、やっぱりまだ世界は自分のこと中心に回っていて、世界でどんなことが起こっているのかはおろか、アメリカ、リノでさえどんなことが起こっているのかあまり知らない人が多い気がする。


日本を出て、海外で暮らしてみて、見えてきた部分はあると思うけれど、グローバルな人間になるには、まだまだ勉強にプライオリティーをおいている留学生には難しいなー、とぽつぽつ歩きながら思った。 (そもそも、グローバルな人間、という言葉の定義が人によって違うか。)

だから、留学用のパンフレットとか、就職のパンフレットに大げさにちやほや書かれていたりするのを見ると、結構気分が悪い。(実際、卒業できる人はほんの一握り(経済的事情などによる強制帰国、モチベーションが保てない、成績不振などでの帰国)なので、卒業できたのは本当にすごいことだとは思う)

...やっぱり私は自分にも他人にも厳しい。自分に厳しいのはいいけど、他人にもそれを押し付けるのはよくないよな。

とりあえず、私の今後の課題は、ニュースをもっと積極的に読むこと。

具体的には、世界情勢の記事を最低2枚は読む。

まずはここから。

PageTop

Super Dry。

Dry

リノのここ5日間の天気予報。天気はもちろん連日快晴。気温も高くて夕方(4時~6時過ぎ)がピークに暑い。 そして夜は気温がぐっと下がって寒くなる。

19日 最高気温 29度・最低気温 9度 (摂氏)
20日 最高気温 30度・最低気温12度
21日 最高気温 31度・最低気温12度
22日 最高気温 30度・最低気温11度
23日 最高気温 30度・最低気温12度

ちなみに、東京の同じ時期の天気予報によると、ほぼ連日最高気温が25度、最低気温が20度前後。

ちなみに、今(19日 午後4時半)の気温は29.4度(摂氏)で、」湿度は、なんと!!20%!!

予報の最高気温29度を越しとりますがな。

ちなみに、同じころ(20日 午前8時)の東京は気温23度で、湿度は83%(雨が降っているのもある)。

何この差!! 改めて、すごく乾燥しているのね、ということを実感。


この空気の乾燥のせいで、肌がスーパードライで、保湿クリームを塗ってもモロモロになって余計に肌を汚してしまうしまうのが最近の最大の悩み。 ただでさえ乾燥肌なのに。

パウダーも肌になじまないし、化粧放棄しそう。。。

マスクで潤い対策とか!?

でも、最近使っているスキンケアのものがオーガニックとかばっかりだから、他のを使うのにちょこっと抵抗がある。

日本みたいにシートがあればいいのに!!

乾燥対策探し中。

PageTop

BURT'S BEES -Honey&Grapeseed Oil- HAND CREME

Hand Creme

一年を通して乾燥がひどいリノ。特に夏の乾燥は恐ろしいと思う。体中の水分が抜けていく感じが。


そんなこの時期、夏は手が焼けるのがやだなー、と思ってROCのSPF15のハンドクリームや、どこぞのSPF30のハンドクリームを使ったけど、香りも効果もダメダメだった。 潤いが足りんのじゃ!!

今まででよかったのはロクシタンのシアバター。

小さなかばんに入るくらいのサイズのものが$10だったので重宝してた。香りもOKだったし。


たまたま買ったこの子はとても優秀な子!!(SPF の効果は無し)

表面だけの見せ掛けの潤いじゃなくて、潤い成分がちゃんと中まで浸透して手がきれいに見える!!素敵!!


ただ。このあまったるいようななんともいえない香りが苦手。そしてすごく強烈。

潤いは合格!なのにこの強烈な香りのせいで使うのが億劫で。

使わなくなったらやっぱりスーパードライで、年相応の手には見えないし、将来後悔する。


そうなの。わかってるの。でもくちゃい。

化粧水なんかをつけてから塗ればいいのか!?(潤い効果倍増にはなるか。)

面倒だね。面倒なことって続かないよね。

そんな私のジレンマ。

PageTop

まずはMini-Term終了。

Personality

学期が終わり、週末があけたらMini-Termと呼ばれる3週間集中コース(取ってもとらなくても可)が始まって、やっと、今日終了。

パーソナリティー(個人とか人格について)のセオリーのクラスと知らずに取ってしまったので(カタログにもWEBにも 「パーソナリティー」 としかかかれてなかった)そりゃーもー!!苦痛でした。

パスできればいいな。それだけです。これは。

心理学のクラスは、どれもテストの形式が、たいていMultiple choice と呼ばれる、要は四択の形式なんですけど、それが苦手で点数に結びつかないんですよね。頑張っている割に。だから心理学のクラスって嫌いです。うぅ。でも、もうとることはないから嬉しい!!

講義は4時間×4日で、話すのが大好きな教授の話を延々聞き続けるのは正直つまらなかったけど、教科書の内容は良かった。


個人の人格は大人なってからでも変わる、というアイディアに惹かれましたね。

私、子供のころの思い出とか経験とかがすっごく暗くて、あのころもっと××だったら、親がもっと××だったら、こんなところにすんでいなかったら、... etc こんな性格にはならなかったのになー、って過去のせいにばっかりしていたんですよね。

もちろん、過去の経験や環境がその人の人格を作ることは確かだし、遺伝的な要素もちょこっとはある。

でも、過去こうこうだったから、こうなってしまって、もうずっとこのままなんだわ!!というわけではないらしい。 (当然といえば、当然?)


テストのためにしか教科書を読まなかったので、あまりうまく説明できていない(つまりは理解していないんじゃないか、私。)ですね。

追々またまとめてみます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。