紫の中谷塾生徒然日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Sex and The City。

SATC
アメリカでは5月末に公開だったSATC。

いまさらだけど、カジノ内の小さなシアターでまだやっていたので(そこは遅れて映画が入ってくるみたい)駆け込みで観てきました。

なぜか$3だったし、ラッキー☆(通常 平日の昼間は$7.5、休日は$9) ただし、音響設備や室内はいまいちだったけど。見れればOK。

夢いっぱいの映画でした。

日本での公開が始まる前に!と思っていたけど間に合わず。

DVDセットがほしいなー。

スポンサーサイト

PageTop

Pineapple Express。

Pineapple Express
Pineapple Expressを見てきました。

日本での公開は未定。

ある日、マリファナ好きのデールはディーラー(麻薬を売る人)のソールからパイナップル・エクスプレスというレアなドラッグ(そのあたりでは彼しか扱っていない)を買って、それを吸いながら運転して、ある家の前に車を止めてくつろいでいたら、偶然殺人現場を目撃してしまい、しかも犯人にそれを見られてしまった!!というところから話が始まるコメディー映画です。

彼は気に入ったようですが、私としては、う~ん。といったところでした。

ぐだぐだな男たちの友情映画かな~。面白いけど、もういいかな。

ドラッグディーラーは、スパイダーマンの主人公の親友役のジェームズ・フランコ。

ぐだぐだな役は彼にとっても新しいチャレンジの役だったようです。

PageTop

OMG!! (Oh My God)

Lost-Job
留学生は、基本的に学内でのみ20時間以内ならアルバイトができます。

学内のオフィスで働き始めて早半年。この夏をもってフロントデスクを辞めさせられることになりました。

理由はいろいろあるけど、一番大きいのは学校の経費削減。

その原因達は...
・州の収入が減った(カジノの売り上げなど)
・前の学長がお金もないのに新しい建物を2つも建てた。(超大きくて綺麗だけど変なところにお金がかかっている)
・新く出来た図書館や学生会館のせいで、そっちの人件費がかかる。
・州知事が仕事できなさすぎる。

学内のどこのオフィスも、大幅な経費削減の影響を受けて、ひっちゃかめっちゃか状態。

私のオフィスだって、つい数週間前までは経費削減の影響は受けてなかったのに、数日前に、急に状況が変わったし。


ふー。というわけで、求職中。急に収入がなくなるなんてひどすぎる。

今年は(自分の中で)大殺界(漢字はあってる?)を超えて、安定期に入ったと思ったのに。

いや、これは新しい試練!(試練ばっかりの留学生活だなぁ)

ポジティブにいこう!!たとえば、9月からは週に2回夜7-9の授業だけだから、残りの時間を仕事探しに十分当てられるとか、(LA,SFなどの都会での面接もOK!平日の昼間もOK!)とか、有給インターンができるとか、インターンすれば、スキルアップできるかも!とかさ。


仕事探し。ふー。逃げたくなる。

レジュメ(履歴書)はほぼコピペできるけど、カバーレター(私、こんなことができます!とかを短くアピールする書類)がものすごっく面倒。

なぜなら、職種によってアピールの仕方を変えて書かないといけないから。


始める前に、明日から友達とラスベガス&グランドキャニオン旅行。

ベガスはお金があったほうが楽しめるとこだ!けど買い物はしない!グランドキャニオンを楽しむことにしよ。

PageTop

そこじゃないだろう?

Career
ちょっとまえ、インターンを探しているとのメールを出した教授から返ってきたメールのひとつに、こうかかれてあった。

>as you might have heard, the recent budget cuts have forced the university to close the Career Development Center.

(聞いたことあるかもしれないけど、最近の学校の経費削減のせいでキャリアセンターはなくなっちゃうのよね。)

ってあってオフィスの同僚に聞いたら、来年の7月には無くなるんだそうな。

生徒はどーやって仕事探したりするのさ!?と聞いたらば、多分、所属してる学部が面倒見ることになるんじゃないのかなー、とのこと。

レジュメはWriting Center(英文をチェックしてくれるところ)があるからいいけど、キャリアカウンセリングとか、インタビューの練習とかまで面倒見るのは大変だ。(そもそも教授は忙しいし、誰が見てくれるのかってのが疑問だ)


少し前から、どのオフィスに行っても経費削減の話題が出るけど、budget cut(経費削減)するところ間違ってると思うんだけど。何でキャリアセンターなんだろう。

budget(経費)の使い方を間違ってると思う。この学校の将来は危うい。本気でそう思う。

PageTop

Hancock (邦題:ハンコック)。

Hancock
週末にハンコック(日本語オフィシャルサイトはコチラ)を観てきました。

日本では今月末に公開です。

最近アクションものが多いなぁ。


ウィルスミスの表情の演技ははすごい!

嫌われ者のハンコックの切なさやなんかの気持ちを表情によく表せてて。


面白い映画って、春先(5月くらい)~夏に多い気がする。

やっぱり、子供や学生が夏休みの時期だからなんだろうか(アメリカは)。

PageTop

How about Canada?

Canada Flag
アメリカで働くには制限も期限もある。

永住権をもらえる可能性も低い。(去年エージェントを通して応募したけど、そこからは14人くらいしか当選しなかった。←多いほうなんだけど。)

じゃぁ仕方ないから日本かな、と思っていたけど、そういえばカナダはどうだろう、と調べてみた。

実は前にも一度ちらっと考えたことはあったけれど、なぜカナダなのか、と考えたときにこれ!という明確な目的や理由がなかったのでそのままになっていた。(英語で生活できる、とかはあったけど)

改めて調べてみると、比較的永住権がとりやすい模様。

アメリカとカナダ、と比べたとき、生活しやすいのはやっぱりカナダだと思う。

特に医療保険の面でのメリットが大きい。


こうして安易にアメリカがだめそうだから、じゃぁカナダ、と考えると、アンタ、一体何がしたいの?単に外国ならどこでもいいの?というふうに考えてしまう厳しい私。(それが普通なのか?)

なぜ、カナダなのか。なぜ日本じゃないのか。

カナダなら自分のやりたいことができるのか?

少なくとも、英語の生活から離れなくてすむというメリットはある。

(ちなみになぜかオーストラリアは考えたことなかったな。それこそ目的もなく考えがひっちゃかめっちゃかになりそうだ。)


今使っているエージェントを通してカナダの永住権申請の分析(永住権取得の可能性はあるのか)をすると、それだけで約5万円も掛かる。分析だけで!!

でも、永住権をとれる可能性があるなら、前倒しの投資になるのだろうか。

(取れなかったら、もったいない!どころの費用ではないけど)

でも、可能性としてはゼロではないし、アメリカよりずいぶん可能性は高い。


アメリカの好き嫌いを語れるほど、私はまだアメリカのことをよくわかっていない。

でも、こうしてビザに頼りっぱなしの状態の人にはものすごく不便な国であることは確かだ。

どうしてもアメリカじゃないとだめなの!と意気込めないのは、永住権をとることの難しさを知っているからなのだろうか。


むーん。一応、カナダ永住権も考えてみよう。

PageTop

仕事探しProcrastinate中。

Miranda
日本で働くか、アメリカで働くか。

とりあえず、卒業後1年間はアメリカで働くとして、その後のプランが決まっていない。

将来のことを考えると、どーしても、日本で働くほうが、キャリアを組みやすい。

アメリカで運良く働けても、最長6年。そのころ私は30歳。

30歳で日本に帰ったときに、希望の仕事に就けるのか、その後のキャリアはどうなのか。


私のプライオリティーは、ただアメリカに残りたいわけじゃない。重要度の高い位置にはあるけれど。

お給料の低い仕事でもいいから、とにかくアメリカに残りたい、わけじゃない。


日本にいたら、もっと自分の能力を生かせて、稼ぐこともできる可能性はある。

アメリカにいたら、いくつかのメリットはあるものの、できる仕事に制限が出てくるし、お給料だって低くなるし、なにより、永住権をとらない限り、いつかは帰らないといけない、という状況下にある。

もしも日本に帰ってきたとして、転職するなら、年齢が上がればそれなりに大変になってくるし、ちゃんと見合ったキャリアをつめているかもわからない。

となると、やっぱり若いうちに、早いうちに手を打っとかないといけないんじゃないかと。

特に、日本の年齢制限対策のために。


アメリカに残りたい、という気持ちはあるものの、いつか帰らないといけない可能性と常に隣り合わせで、自分の可能性が狭まるなら帰ったほうがいいのかとも思っている。

いろんなことを調べば調べるほど、アメリカで働くことにネガティブになる。

PageTop

Get Smart (邦題:ゲットスマート)。

Get Smart
先々週観たGet Smart(日本語公式サイトはこちら)。これこっちのほうがもっと内容がわかるかも。(字幕なし)

昔の映画のリメイク版です。

アクションと笑いが満載の映画。

ただ、笑いどころがアメリカっぽいので、日本語で観るとちょっと難しいところもあるかも。

PageTop

仕事探し3週目。

Mouse
逃げて戻ってを繰り返しながらパソコンの前に座って過ごす平日。

週末は一切考えないようにしている。(本当はそんなにのんびりもしていられないはず)

先週、コミュニケーション学部&ジャーナリズム学部にメールを送ったけれど、ジャーナリズム学部の一部の人からものすごくやな返信が来たのと、お断りメールが多かった(予想はしてたけど)のでちょいとメールを送るのも億劫になってました。

>Your MAJOR is speech, yet you are asking me about internship/ volunteer opportunities? Doesn't your program have an internship program?

とか

>If you interest is in Advertising and Public Relation why are you majoring in Speech?

とか、なんでそんなに責めるのさ!うぅ。

受け取る側の気持ちの問題だけど、そのときは"How mean!!"(超嫌な奴!!)と思ったりもしましたよ。

コミュニケーションとジャーナリズムは共有できる部分が多くあるはずなのに、外部の学部の生徒に冷たいジャーナリズム学部。(もちろん、全員がそういうわけではないけどmajorityそんな気がした)

この学校のジャーナリズム学部は全米でも有名な学部だからプライドも高い、ってのもあるらしいんだけど。


時間が経った今は、聞き方が悪かったのかなー、とかちゃんと反省してみた。(英文はネイティブに見てもらったのになー。)

とりあえず、今週は自力でウェブサイトで求人情報チェック、という方向で進めていく予定。


2年前(もうそんなに経つんだ!)、学費が払えなくなった!!騒動のときに、中谷さんに教えてもらったコツ。

やらないといけないことがあるとき、無駄なこと、邪魔なことを捨てること。

この、無駄なこと、邪魔なことってな~んでしょ?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。