紫の中谷塾生徒然日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Color of Psychology。

Color of Psychology。日本語に訳すと、色彩心理学。

色の持つ意味やそれぞれの色の特徴が人の感じ方や行動にどう影響するかについて学ぶもの。

いろんなサイトをざっと見たところ、カラーセラピーは色の持つ力や特徴を使って、人の心をいやすというところに重点を置いたもので、色彩心理学だと色の与える心理的要素の全般について考えるもので、もっと学問的なもの...と解釈しました。。(Wikipedia English まだちゃんと読んでないけどココ(英語)とか *備忘録)


なぜ急に色彩心理学?(一応、副専攻は心理学だけどほぼやっつけ...)

それは、またまた(いつものごとく)仕事がらみから。


閉店業務はどんなに頑張っても、やっぱり最後までお客さんがいる限り、食器は下げられないし、片付けられない部分も多くあり、結構最後まで終わらないことが多いのです。(自分の不器用さもあるのかもしれないけど)

できなかった分は朝の人に回してもいいとのことだったのですが、性格上、なんとか終わらせたいと思って30分ほどサービス残業をしていました。

が。先日、職場長から時間内になるべく終わらせて、終わらなかった分は無理せず朝の人に回してきちんと時間を守って帰るようにとの指摘を受けました。

そこで、引き継ぎの分はメモを残していくようにしたのですが、用件だけざっと書いたものだと、なんだか「やらされている」とか「(自分の仕事以外のことも)やらなきゃかー」とか、「なんか貼ってある...。また余計な仕事か...」など、ネガティブな雰囲気が感じられる気がして...。

(考えすぎ?...たぶん気にし過ぎてると思う。自分が嫌なのかも。)

朝から、山積みの食器(拭く分と調理場に返却の分)があると嫌な気分になると思うので、なるべく気持ち良く引き受けて(?)もらいたいなと思い、どう書けば(どう言った言葉を使って頼めばいいのか)、と考え、その延長で、もしかしたら色の与える印象って使えるんじゃないかと思って。

それで、色のもつ特徴なんかを調べていたら、色彩心理学っておもしろそうだなーと。

さっそく明日カラーのメモ用紙を買って実験してみます☆(職場を実験台にする人)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。